So-net無料ブログ作成
検索選択

赤ちゃんのマイコプラズマ肺炎症状は気付きにくい

赤ちゃんでもマイコプラズマ肺炎症状が出ることがあります。
5才から10才くらいの子供に比べるとまだまだ感染確率は低いのですが、
それでも絶対に罹らないというわけではないので
大事な赤ちゃんが病気に罹らないようにするためにも
日頃からきちんと予防をするようにしたりちょっとした変化も見逃さないようにしていきましょう。

赤ちゃんの場合、マイコプラズマ肺炎症状は子供や大人と比べて見分けが付きにくいです。
とっても元気そうにしているけれどレントゲン写真を撮ったら
マイコプラズマ肺炎に感染していたことが分かったという場合があります。
だから多くの人は自分の赤ちゃんがマイコプラズマ肺炎症状が出ていることも気が付かないそうです。
ですがもしマイコプラズマ肺炎に感染していたことが分かったのであれば
すぐに保育園などは休ませるようにし、
家の中が乾燥しないように加湿器などを点けるようにしてください。

ある程度症状が落ち着いてきたらあとは風邪の時と対処法がそこまで変わらないので
水分補給をこまめにするようにしたりお腹や喉に優しい食べ物を食べさせるようにしましょう。

初めてだとどう対処したらいいのか分からないかと思いますが、
普段から赤ちゃんの様子をしっかり見るようにしてコミュニケーションなども取るようにすると
マイコプラズマ肺炎症状の細かな違いなども分かるようになるのではないでしょうか。

nice!(0) 

nice! 0